« 植木鉢 | トップページ | 成長中の株の植え替え »

2009年5月27日 (水)

老成株の若返り法

セントポーリアを成長させ続けるためには、2~3ヵ月に置きに植え替えが必要ですが、なかなかそうも行きません。

1年に2度なら良いほうで、1年に1度の植え替えという人もいらっしゃると思います。そんな管理でも花を咲かますが、株の成長は徐々に緩やかに成り、株は老化してゆきます。

ここでは、私が行なっている老化した株を若返らせる方法を書いて行きたいと思います。

荒療治ですので、栽培経験の浅い方にはお勧めできません。

Image7057661

1.1年間植え替えをしていないので、やや勢いが衰えた株です。葉を取るたびに用土を足しているので、ワサビ茎にこそ成ってませんが、地下のクラウンは長くなってます。

植え替え数日前に水切れしてない等、健康な状態であることが植え替えの条件になります。

また、生育環境に適した25℃前後の温度や明るさがあることは、言うまでもありません。

Image8434741

2.地際より、鋭利な刃物を用いて、クラウンを切り取ります。クラウンは、他の植物では茎にあたる部分です。

Image1931468

3.地上部に出ているクラウンからも根が出ていますので、根のある部分の葉を落とします。

Image5503693

4.クラウンは、残した葉の部分まで切り戻します。

セントポーリアは、トレイルタイプの品種でなくても、クラウンが長くなると株が傾き、用土の上を匍匐して成長しようとします。そうなると用土に接する側の葉が少なくなり、葉がシンメトリーに綺麗に並んで育たなくなりますので、できるだけ短くしておきます。

Image4014499

5.調整した地上部の直径の1/2くらいの鉢に、鉢底からビーナスライト、ミリオンA、配合用土を入れておきます。

Image9086756

6.整理した地上部を5.で準備した鉢にのせて、水を与えると出来上がりです。このとき一番下の葉柄の付け根が用土に半分埋まる位に調整します。

この後、1~2週間は、湿度が保てるようにフラコンに入れるか、ポリ袋等に入れで明るい場所で管理します。

発根すると老化した根が無いため勢いよく成長を始めます。

(注)初めて試される方は、必ず予備の株を用意してお試しください。

|

« 植木鉢 | トップページ | 成長中の株の植え替え »

育て方・増やし方」カテゴリの記事

コメント

いつも拝見させていただいています。非常に参考になります。

投稿: すみれお | 2009年5月28日 (木) 06時44分

すみれおさん おはようございます^^
元のブログから引越し中で、更新内容は元プログの焼き直しですが、お役に立てば幸いです♪

投稿: 安倍晴明 | 2009年5月28日 (木) 08時49分

ご相談します。
一度花が終わったセントポーリアがまた咲き始めたのですが
白い色の花がだんだん濁った土色になってきました。
どうしたのでしょうか。

それからまだ植え替えろしたことが無いのですがひとつの鉢
に3つや4つの茎が生えてきました。この場合株分けをしたほうがいいでしょうか。
よろしくお願いします。

投稿: | 2011年8月10日 (水) 23時53分

はじめまして。
お名前がないので、失礼ですが初対面の方と思い返事を書かせて頂きます。
また、あなた様の栽培環境が、私にはまったく解りませんので、相談への回答は難しいです。
ご容赦くださいませ。

投稿: 安倍晴明 | 2011年8月11日 (木) 10時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 植木鉢 | トップページ | 成長中の株の植え替え »