« 老成株の若返り法 | トップページ | セントポーリアとは。 »

2009年5月27日 (水)

成長中の株の植え替え

セントポーリアに限らず植物は、成長中の株と老成して成長が衰えた株にによって、植え替えの仕方が変わってきます。

ここでは、成長中の株の植え替えについて書いてみたいと思います。

Image4101899

1.写真の株は老成した株を若返らせるために、クラウンカットしたものをテキサス式2号鉢で育ててきた株です。下葉の小さな葉に比べて、柔らかな新葉が大きく育ってきているのが、ご覧頂けると思います。

Image7686863

2.鉢から根鉢を抜いた様子です。成長を続けさせるためには新しい根を傷めない事が、重要と考えています。そのためには、ビーナスライトの層に根が回りきらないうちに、植え替えを行なうのが良い時期と考えています。

Image5072727

3.ビーナスライトの層に根が回っていなくても、白いヒゲ根がある綺麗な根じゃないと、植え替え後の成長に期待は持てません。

写真の様な白い根じゃない場合は、痛んだ根を整理した後、それまで植わっていた鉢と同サイズか、一回り小さいサイズの鉢に植え替えます。

Image5133231

4.ビーナスライトの層を根と一緒にカッターナイフで、切り落とします。

Image3359397

5.新しい鉢の準備です。テキサス式2.5号鉢に、ビーナスライト7号を鉢のクビレまで入れます。

Image8687940

6.次に、ビーナスライトの層の上にミリオンAを入れます。

Image3311006

7.最後にミリオンAが隠れるくらい用土を入れて、準備完了です。

Image553084

8.準備した鉢に4で処理をした株を根鉢を崩さないように鉢に入れます。

株の中心が、鉢の中心とずれないように据え付けます。中心がずれると、根の張り方に偏りがでて、シンメトリーな株に育てるのに影響がでます。

中心を揃える事ができたら、鉢の隙間に用土を入れます。用土は押さえたりせずに、軽く鉢をたたいて均します。このとき新しい用土は、根鉢の上面が見えるくらいまで入れ深植えにならないように気をつけます。

9.最後に水を与えて植え替え終了です。

テキサス式の管理でも最初の潅水は、上面から水を与えて、鉢皿に出てきた水は捨てて育てます。このとき、あまり水を大量に与えない方が良いように感じます。出来れば、植え替える直前の根鉢と同程度の湿り具合に合わせる程度の潅水にします。

この場合の置き場所は、それまで育てていた場所に戻すのが最良と考えています。

|

« 老成株の若返り法 | トップページ | セントポーリアとは。 »

育て方・増やし方」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 老成株の若返り法 | トップページ | セントポーリアとは。 »