« 成長中の株の植え替え | トップページ | セントポーリアの種を採るまで・・・。 »

2009年6月 1日 (月)

セントポーリアとは。

自然界に自生する植物は、門、網、目、科、属、の順で、その”原種”の植物学上における位置、あるいは分類をします。
これを”セントポーリアの原種の一つであるイオナンタ(S. ionantha)”を例にとりますと、下記のようになります。

門:被子植物門(Magnoliophyta)
網:双子葉植物網(Magnoliopsida)
目:シソ目(Lamiales)
科:イワタバコ科(Gesneriaceae)
属:セントポーリア属(Saintpaulia)
:イオナンタ(ionantha)

属の下にあるのことを”原種”と呼びます。また、アルファベットで記載するときは、頭文字を小文字で表すことで、”原種”とわかるように成っています。
というのはなにかというと、野生においてその個体群を分類する最小単位であります。
したがって、人間の手によって交配したものは、植物学上では自然のものとは、区別して取り扱いますので、「パリジェンヌ(Parisenne)」や「コンコルド(Concord)」などの名称は、植物学上では”園芸品種”と呼び、アルファベットで表記するときは、頭文字を大文字で書いて”原種”と区別します。

|

« 成長中の株の植え替え | トップページ | セントポーリアの種を採るまで・・・。 »

セントポーリアの解体新書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 成長中の株の植え替え | トップページ | セントポーリアの種を採るまで・・・。 »